内装設備はかなり重要

色こそが部屋の雰囲気を決める

テーマを決めて部屋作りをする際に、最も重要なのは『 色 』です。これこそが全体の雰囲気を決める最も大きな要素。家具やその配置等は、それに付随する要素でしかありません。

全体のイメージ・雰囲気を決めてしまうほど、強烈な力をもつのが『 色 』なので、慎重に選ばないとチグハグな感じになってしまいます。

賃貸の場合は壁紙と扉、フローリングの色を変えることは出来ません(フローリングだけは、ウッドカーペット等を使えば強引に変えられますが)。と言うことは、部屋作りの前に物件探しの段階で選ばないといけないんです。

特に明るいイメージにしたい場合や、落ち着いたシックなイメージにしたい場合は、扉やクローゼット、フローリングは面積が広いだけに影響力がかなり大きいので、テーマを変えざる終えない場合もあります(強引にやってもいいですが、違和感は消せません)。

壁紙も真っ白なものもあれば、クリーム色に近いもの、和室の場合は茶系や緑系等、かなり違うので、テーマを決める際にはまずここから考えましょう。

参考までに壁紙、クローゼット、フローリングの色の組み合わせを絵にしてみました。

    

    

    


Copyright 一人暮らしのインテリア 実例と部屋作り  一人暮らしのインテリアコーディネートのコツ
無断転載、無断コピー等一切を禁止します