家具の材質や色も重要

家具にもイメージがある

テーマを決めて部屋作りをする場合に、家具の持つイメージも考慮しないと、バランスがおかしくなってしまいます。例えば竹(バンブー)のタンスやベッドを置いて、ヨーロッパの城をイメージしてますと言ったところで、それは無理がありますよね?

使ってる材質や色も、テーマのイメージに合わせないと統一感がなくなります。1つのルールに沿って選んで下さい。複数を組み合わせようとすると、失敗する確率は高くなります

とここまでは、誰でも簡単に思いつく事なので、もう1つ見落とされがちなものを紹介していきます。下のタンスの図を見て、すぐ違いが分かりますか?

    

『 鋭角 』か『 丸みを帯びてるか 』の違いです。大まかなデザインや細かい装飾ばかりに目がいきがちで、こういう作りの部分は見落としがちです。特にスタイリッシュな感じにしたいなら鋭角、カワイイフェミニンな感じにしたいなら、丸みを帯びてるものがオススメ。

大きなアクセントになるので、家具を選ぶ際は色や細かい装飾ばかりではなく、テーマに合わせた無意識に感じるイメージを重視して下さい。

あとスチールラックは、インテリアコーディネートをするには不向きなのでやめましょう。ごちゃごちゃとしてしまい、綺麗に見せる事が難しいんです。何よりも非常に安っぽくなってしまうのでオススメ出来ません。


Copyright 一人暮らしのインテリア 実例と部屋作り  一人暮らしのインテリアコーディネートのコツ
無断転載、無断コピー等一切を禁止します